アメリカでは、クレジットヒストリーはめちゃくちゃ大事です。

というのもこれがないと何もできません、、、。

例えば、家を借りようと思っても、このクレジットヒストリーがないと、貸してもらえません。私がサンディエゴに住んでいた時は留学生でしたので、クレジットヒストリーがなく貸してもらえませんでした。苦い思い出です。😓
家賃6ヶ月分先払いできる!(そんなことは絶対にやめましょう笑)と交渉しましたがだめでした🙅‍♀️

クレジットヒストリーがあっても、も悪いと貸してくれません。
信用してもらえないからです。❌

では、どうやってクレジットヒストリーを構築するかですが、クレジットヒストリーは、
クレジットカードがないと、構築できません。
でも、そのクレジットカードも、クレジットヒストリーがないと作ることができません!😓
じゃあ、どうしたらえーねん!笑
私も当時、実際バナリパのクレジットカード申請したけど、
ヒストリーがないことを理由に断られました😬🤭

で、どうやって構築していったか、は以下です。

まずは、

①アメリカの銀行にお金を入れます。

②デビットカードを発行してもらいます。日本のATMカードのようなものですが、これで支払いできます。大事なのは、これに”VISA”がついていること。

③これをクレジットカードとして使い続けます。

④しばらくすると、銀行で、銀行のクレジットカードを発行できるようになります。
Eメールなどで案内がくることが多いですが、わからない場合は、銀行に聞いてみましょう。

⑤今度は、銀行が発行してくれた銀行のクレジットカードを使い続けます。
日本のように自動引き落としではないので(できるところもあります)、
支払いを絶対に忘れないようにします。
もし忘れると、クレジットスコア(信用度)が下がってしまうだけでなく、日本ではあり得ないような罰金がかかります。(大体遅延金$35+利子)

銀行によって値段はまちまちですが大体これぐらいの罰金です。

実は私これを何度も払ったことがあります〜。。。😭 腹たった〜。

⑥大体6ヶ月ぐらいクレジットカードを使い、遅延などなく支払いをしているとクレジットヒストリーが構築されます。

⑦こうなれば、普通に一般のクレジットカードに申し込みができます!

それでは、また!

Ameco

Ebates Coupons and Cash Back

P.s. 写真は全然関係ないけど、サンディエゴでみた豪邸❤️住みたい❤️

“”


クリックお願いします🙏